クラシック弾きの私がポップスを弾いてやっちまっていた失敗

朝が寒い今日この頃ですね。
体調お気をつけくださいね。


宣言どおり「私がやらかした失敗の数々」を書きます。
バンドをやっていたときに下手すぎて、ピアノはもうちょっとちゃんと弾けるのになんでバンドではこんな下手なんだ??と自問自答していた結果気づいたことがいっぱいありました。
最初は「そっか!ピアノじゃなくてキーボードだからこんなに下手なんだ!」と自分を納得させようと思いましたが、どうもそんな問題ではなかったようで。。。
ピアノだけでポップスを弾くときにも言えることなので、参考にしていただければ嬉しいです。

①すぐにペダルを使う
 これは本当にやってしまいがちだと思います。スローな曲はともかく、ラテンやアップテンポな曲においては、
 ペダルはある種「邪魔」になります。せっかく細かいかっこいいフレーズを弾いているのに、ペダルを踏むから
 全部もやもやしてしまって何を弾いているかわからない。キレもない。
 ペダルの使いすぎは逆効果です。

②すぐにフレーズを意識する
 アップテンポな曲の場合、時にはある種打楽器のように鍵盤を弾く技術も必要です。
 それをいつも「なめらかに」弾く。これももうクラシックピアニストのサガだと思いますが。。。かっこ良くないです。
 むしろ途中でアクセントがほしいぐらいなのに、クレッシェンドからデクレッシェンドの中ふくらみのフレーズにする。
 これまたキレがなくなる場合があります。
 もちろんフレーズは大事です。でもいつもやっちゃダメかなぁ。。。と。

③すぐにテンポを揺らす
 いわゆる「うたわせる」という弾きかたになります。
 基本、速い曲ではテンポはあまり揺らさないほうがかっこいいです。まして連弾や他の楽器とのアンサンブルのときは
 自分テンポで行くと大きな事故につながります。逆にリズム音痴に聞こえます。
 自分にメロディがまわってきたときは存分にやるべきだけど、いつもいつもうたわせるのは要注意でしょうか。

④逆にまったくうたわせない
 ポップスは歌わせないんでしょ?となると、それまた違うんですよね。歌心は絶対必要。
 使う場所とタイミングがあるということですよね。

⑤スタッカートで弾く
 これも曲によりますが、ポップスにおいてはスタッカートは存在しないといっても過言ではないです。
 ノンレガートなのです。
 それをやたら短く切っちゃう。ぴょんぴょん跳ねて。ウサギのダンスですか??ってな感じになります。
 ありがちですねー。やりがちですねー。 

⑥全部一生懸命弾く
 指ごとにムラがでないように。全部の指が同じ強さで弾けるように弾くのよ。
 と、言われ続けた30年。
 鍵盤の底まで感じて、重さを指先で感じて弾くのよ。
 と、言われ続けた30年。

 このクセ抜けねーよ!! 
 というわけで、その弾きかたでポップスを弾くとタッチが重くなるのです。
 バラードはその方がキレイに弾けるから大事なテクニックですけどもね。曲によるということです。

⑥16分音符の扱い
 これが一番やらかしポイントだと思います。
 クラシックでは、付点は長めに引っ張る、短い音は短く。と弾くほうがかっこいい曲がたくさんあります。
 でもそれをポップスでやると、途端にリズム音痴に聞こえます。
 そして甘く流してもだめ。
 楽譜どおりのリズムが良いのです。
 付点8分+16分 だったらきっちり「1、(2、3)、4」のリズムではめるのが良いのです。
 
 これらもクラシック弾きのサガだと思います。

私はこれらのダメダメ条件を見事に全項目クリア☆していたので、そりゃまあひどい演奏だったわけです。
35歳のときにジャズの師匠のところに習いに行って、指摘していただいて初めて気がついたのが①と⑤と⑥。

ししょう「ペダルずっと踏んでるで!」
わたし「え!?」

こわいのが、自分では無意識のうちに足がペダルを踏んでいたのです。
もう勝手に足を踏むのが当たり前になっているんですよね。
耳がペダルの響きがあるのを心地よいと感じているというか。
これを意識して踏まないように弾くのが怖くて怖くて。
服全部脱がされたみたいですよ。演奏が丸裸でめっちゃ恥ずかしい。
そのとき初めて気づくのです「ああ、全然弾けてないやん私。。。」って。

ししょう「めっちゃスタッカートやな~。ぴょんぴょん跳ねて『ちんどんや』みたいやで!」
わたし「えーーー・・・マジですかぁ。。。(自覚はあるがどうしていいかわからない)」

だってCDとかプロの演奏聞いてたらキレッキレでスタッカートに聞こえるもん。
でもそれはいわゆる、クラシックの音符の下に「・」がついてるスタッカートとは異質のもの。

ししょう「全部の音がフォルテやなぁ!アクセントつけて弾いてるんやろうけど伝わってこーへんわ!」
わたし「え・・・?!」

これまた自覚なしです。
でも、なんで自分が弾くとこんなに一生懸命頑張ってる感が出るのかと思っていたのが納得できました。

ずっとバンドやってて、録音を聞いても私のパートはなぜこんなにダサいのか??と悩み続けていました。
自分のソロが回ってきたときなんて、悶絶しすぎて気を失いそうになるぐらい恥ずかしい。
聴いてられないんです下手すぎて。
理由がこのときやっとわかったんです。
ペダルとスタッカートとタッチ。めっちゃ大事。

②と③はもともとそんなにやらないように気をつけていたので大丈夫でしたが、⑤(16分音符の扱い)については本当に最近やっとちょっとマシにできるようになってきたかなぁと思えるようになりました。

最近も、youtubeに音源をアップする前には必ず録音を聞きますが、ダルかったり跳ねすぎてたりひどいので
20テイクぐらい取り直してようやくアップしてもあの程度。。。難しいですなぁ。

要は、クラシックの弾きかたでポップスは(かっこよくは)弾けないということです。
やっぱりそれぞれのジャンルには適した演奏方法がある。
どうせ弾くなら意識すれば、もっとかっこよく弾けると思いますよ!

スポンサーサイト

クラシック弾きがポップスを弾くとしっくりこない理由


あくまで私の個人的な意見なので、いろんな感じ方をされる方がおられると思いますがご容赦ください。

私は高校3年生までがっつりクラシックの世界にいました。
音大に進むつもりでしたから、なんたら大学の某先生に1回1万円のレッスンを毎週お願いし、
さらになんたら大学の某名誉教授に1回何万円のレッスンを2ヶ月に1回ぐらいお願いして
それはもうがちがちにクラシックを勉強していました。

しかし、やればやるほど自分はこの道はあまり好きではないな、と思うようになりました。
これはもう好みの問題なので仕方ないのですが。。。

中学ぐらいのときは本当にクラシックのレッスンが大嫌いでした。
ここは強く、ここは弱く、ここは咳き込んで とかって言われるけど、根拠がわからん。程度もわからん。
今良かったよって言われても、何が良かったのか全然わからん。正解がわからん。

それが高校のときに教えていただいた先生は、きっちり理論的に
ここはこうなってこうなってるから、だから強くしたほうがいいと思うねん
ここは楽譜にこう書いてあるから、少し遅くしたほうが私はおさまる感じがするねん
ときっちり説明してくださったので、なるほど~と思ってちょっと楽しくなりました。

でもやっぱり、本当は何が好きだったかと言うと、アメリカの音楽!しかもブラックミュージック!
ソウル、R&B、ゴスペルなどなど。心が揺さぶられるのはこちらの世界でした。
生まれ変わったらブラックになりたい。と本気で思っていたものです。

あと、JPOPも大好きでした。ただし80年代までですけどね。90年代に入ってからはJPOPを捨てました(笑)

そういうのがやりたいなーと思って。
高校生のとき、厳しいレッスンのストレス発散にバンドを組んで活動していました。
と言っても素人ばっかりの学校内で組んだガールズバンドでしたけれども。

ピアノを弾いてるから、キーボードぐらい楽勝☆
そう思って自らキーボーディストを志願しました。あほです。

この経験を活かして、これからバンドをやろうと思っているひとのために少しでもお役に立てれば。。。と思い、
キーボードを弾くための情報ブログのようなものを作ろうと思っています。
キーボードで失敗してきた件はそちらで書くことにして。

クラシックピアニストがポップスを弾くとき、ほぼ100%やらかしてしまう大きなミスと言うものがあります。

問題はそれが「なんだかおかしい」ということに気づいていない人が多いのではないか?ということです。

発表会や講師演奏などでよく演奏される「情熱大陸」や「スペイン」。
みんな大好きですね☆かっこいいですよね。
でも、めちゃめちゃ難しいんですよ。ばしっと決めるの。本当に難しい。
クラシック弾きさんがやっちまいがちなポイントが山盛りの曲です。

では 何をやらかしてしまうかというと。
次回私が実際平気な顔でやっていたダサい失敗を暴露します(笑)

大人のピアノ指導者養成コースについて

ご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

実は表題のようなこともちらほらやっています。

もしかしてあなたは先生をすでに始められているか、または将来的にピアノ教室を開くことを夢見ておられる方ですか?

ところでピアノと言うと「お子さんの教育」だと思っておられないでしょうか?
もちろん子どもさんの情操教育はとても大切ですし、ピアノの指導者が担う大きな責任の部分でもありますので素晴らしいことです。

でも今の世の中では、ピアノはお子さんの教育のためだけのものではありません。
ひょっとしたら指導者サイドの方が世間一般より意識が遅れているかもしれません。

今の時代、少子化と言われてずいぶん経ちましたね。
子どもが少なくなった分、親が子どもにかけてあげる教育費も増えたのかもしれません。
うちの子のお友だちでも1週間フルに習い事をしているお子さんがたくさんです。

でも子どもの数は明らかに減ってきています。
一方で、自宅で比較的簡単に開業しやすいピアノ教室は街を歩いていればたくさん見かけます。

ピアノ教室は増えているのに子どもが減っている。。。
その子どもたちをピアノ教室で取り合っている状態。。。

せっかく素晴らしいお仕事なのに、生徒さんが少なくては活かせないですね。もったいないと思われませんか?

一方、平均寿命が延びたこと、元気なシニアが増えたこと、仕事以外の自分の時間を大切にされる社会人の方が増えたことは皆さんよくよくご存知のことだと思います。

だとしたら、ピアノを「教育」の側面からのみ捉えるのではなく、「趣味」「生活の充実感を与えるもの」として、違う側面から捉えて間口を広げるのも有りだと思われませんか?

ここからは私の勝手な考えかもしれませんが、私のような団塊ジュニア世代は、子どもの頃ほとんどの友達がピアノを習っていました。おうちにもアップライトピアノがある子がほとんどでした。そして、音楽に進む気持ちがあろうとなかろうと、先生に同じように厳しく(怖く)指導されている子がほとんどでした。

ですからクラスの中に合唱の伴奏ができるレベルの子はたくさんいました。

ところがその友達は、みんな音楽の道に進まずに途中でやめてしまうのです。
理由は「そんなつもりはないのに先生が厳しいから」「楽しくないから」など。。。比較的ネガティブなものが多いようでした。

その世代の人たちが今、大人になりました。

もう一度ピアノが弾きたい。あの頃のように、怖い先生に怒られるのがいやで練習するのではなく、楽しく、弾きたい曲を弾かせてくれる先生がいるならまた習いたい。
ペンションなどに泊まるとピアノが置いてある時がある。自分は習っていたのに、今は何も弾けない。楽譜がないと何も弾けない。ショック。あんなに練習していたのに。もう一度やってみたい。

そんな人たちが世の中にはたくさんおられるのです。

でも彼ら彼女らが受け入れてもらえるピアノ教室は。。。
受け入れてもらえるというのは、きちんと対応、指導してもらえるという意味ですが。。。
本当に少ないのが現実です。

きちんと対応するためには、お子さんと同じやり方ではだめなのです。
成長や発達段階に応じたレッスンだけでは大人の方は満足されないことの方が多いのです。
なぜかというと、きつい言い方ですが、大人の人は子どもさんと違って未来がそんなに長くないからです。

少し見る方向を変えて、アプローチを変えればうまくいく大人の指導。
あなたも勇気を出して始めてみませんか?

クローバーピアノ教室では、今までの経験から得たノウハウを
これから大人の生徒さんを指導しようとされる方にお伝えしていきたいと思います。

たくさんのピアノ指導者の方に大人の指導方法を知っていただき、もっともっと「趣味の音楽人」を増やしていきませんか?

大切なのは、経歴や技術よりも「あなたの人柄」です。

対象:これからピアノ教室を始めたいと思っている方
   将来ピアノの指導者になりたいと思っている方
   今現在子どもさんのピアノ教室を開室されている方
   大人の指導に躓き、悩んでおられる方


レッスン・講義の内容(予定)
◎大人と子どもの要求の違いとは
◎大人と子どものアプローチ方法の違いとは
◎体験レッスンでは何をすればよいか
◎指導する側の意識改革
◎宣伝の仕方、集客の仕方
◎実際のレッスンシュミレーション(当教室の生徒さんに協力していただいて、実際にレッスンをしていただけます)
◎イベントの企画、運営について


などなど。。。
レッスン料 1レッスン60分 6000円
実際に問い合わせがあったときの対応の仕方やレッスン時のお悩みなどの相談にも応じます。

ということなのですが、この件でも遠方で通えないと仰る方もおられるかもしれません。
そこでメルマガの配信も視野に入れております。
もし「そんなメルマガだったら読んでみたいな」と思われる方は、ぜひこのブログのメールフォームからアプローチください!
ある程度の人数がおられるようでしたら発行も考えたいと思います。

変わらない部分、変えてはいけない部分は残しつつ、新しい風も吹き込む。
平成の次、何時代が来るのかまだわかりませんが、その時代に応じたピアノ教室があってもいいんじゃないかな。
一緒に未来を見つめていきませんか?

初めての整体


えーーー、ずいぶんと更新までに時間が経ってしまいました。
最近なにやら忙しいことに加え、やはり右腕が痛いもので、ついついパソコン仕事は控えてしまいます。
楽譜作るだけで精一杯。ブログは後回しになってしまいますね。ネタがないのもあるけど。


5月に腕を痛め(考えてみたらそのずっと前から中指が痛かったり薬指が痛かったりしていたから都合1年くらい)
治りきらずに9月に入りました。
ネットで調べたり、商材を買って勉強して家でストレッチしてみたり、いろいろ試して少しマシにはなりました。
おかげで今はピアノを弾く分にはまったく支障はありません!これはこれで頑張った!

ところが日常生活には支障が出まくっています。
朝目が覚めて、布団をめくるのが痛い
牛乳パックややかんを持つと痛い
買い物袋を持つのが痛い
というか買い物したものをカゴから袋に移す作業がつらい
服を着替えるのが痛い
お風呂で背中を洗うのが痛い
洗面器にお湯を入れて持つと痛い・・・

右腕って、こんなに使ってたのか。と右利きの私は実感する日々です。
そもそも肘が伸びない。ボウリングができない!

とうとう観念して、そうだこんなときのために火曜日を定休日にしたのだった!と思い出し、予約を取ってやっと本日
人生初の整体に行ってまいりました!!

整骨院はどうしても、対処療法なような気がして。。。
痛いとき、本当に楽にしてもらえるけど、治してもらうには整体の方がいいのかな。と、なんとなく。

いっぱい探して、家の近くにとても良さそうな整体院を見つけたので行って来ました。

30分ほどかけて問診をしていただきました。
私はテニス肘だと思っていたのですが、テニス肘というものは本当にピンポイントで肘周辺が痛むのだそうで、私のように肘を中心に指先から肩まで痛いのはテニス肘とは言わないそうです。
ただ痛めている場所は同じらしいですが。。。

同じような症状で来られる方はとても多いようですよ。
腕を使うお仕事の方いっぱいおられますもんね。
その中でも、私はなかなかひどい方にはいるみたいですが。。。(また言われた)

体の歪みも少しあるので、肩こりは左の方が強いです。
でも一番今辛いのは右腕なので、今日は右腕を中心に診て頂きました。時間足りないから。。。

いろいろネットで調べたので、わかっていたことは「肘が痛い原因は肘ではない」ということ。
それは先生もおっしゃっていました。
ほんならどこやねん!!というと。。。
私の場合は、脇から右胸上部にかけての前側の筋肉と、肩甲骨の奥の筋肉 だそうです。
先生の施術は、何ともない場所にされても本当に何ともないのですが、ダメな場所に少し触られるだけでものすごく痛い!!
脇をぐっと押されると、中指まで響くんです。つながってるのねー!

考えてみたら。。。
私、数年前にもここで書いたと思うのですが、自分が乳がん検診を受けようと思ったきっかけが、その右の脇から胸上部にかけての痛みでした。
右だけ痛い。鈍痛を感じると。

それ、、、、、今押されているこの筋肉やん(--;
ちなみに左の同じ場所はまったく痛くない。

だから右だけ痛かったのかぁ!!!納得いきました!!!
でもそれってもう10年くらい前からの話で。。。。どれだけ凝りを抱えて生きてたんや私は(--;

私の痛いその部分は、重いものを持つ動作やパソコンの作業などによく使われるのだそうです。
そう言えばパソコンの作業も、姿勢が変や!と旦那さんによく注意されてるなぁ(^^;
思いっきり生活習慣の悪さですやん!

1時間ほど施術していただいて、肘が伸ばせるようになりました!!腕が軽い!
ひねったり牛乳パックを持つとやっぱりまだ痛いけど。。。
10年以上にわたる蓄積だから、1回で治るのはさすがに無理ですわな。
そして凝りまくった筋肉はほぐしてもまた戻ろうとするのだそうです。
しばらくはあまり日にちをあけずに通ったほうが良さそうです。

もっと早く行けばよかったわぁ~。やっぱり身体のメンテナンスって大事ですね。

やってはいけないことも教えていただきました。
強くもむこと
柱や椅子の背もたれを利用してゴリゴリ。。。はもってのほか!

強くもめばもむほど、筋繊維がぶちぶち切れてボロボロになり、より強くもまないとほぐれない筋肉になっていくそうです。
私は棒で押すか、子どもや主人に肘で押してもらっていました。余計悪くしてたんですね!!

あと、やっぱり枕が合っていないようです。
朝起きた時に肩が凝っているので、枕があっていないのはわかっていましたが、今日先生に試してもらったら
私は折りたたんだフェイスタオル2枚分が一番楽でした。めっちゃ薄くない?!
これからはやっぱりタオルで眠ることにします。
ちょっと前に生徒さんからタオルを薦めていただいたのですが、1週間もしないうちに何が正解かわけわからんようになってきて止めてしまったんです(^^;
再開します。

とにかく原因がわかったので、完治めざして通います!
腕が治ったら肩凝りと首凝りも診てもらおうっと☆

似たような症状でお悩みの方、整体に行ってみるのもひとつの手段だと思いますよ!保険きかないけど☆

さあ、今日は夕方の塾までお仕事がないので、これからお昼寝します。身体ほぐしてもらって眠気がすごいです。


Mr.Chuck Loeb RIP

チャック・ローブさんの突然の訃報から1週間が経過しました。
7月31日、FBにご家族が発信されたのが最初でした。

はじめは自分の英語力がないせいで、文章を読み間違えているのかもしれないと思いました。
でも、何度読んでも、やっぱりそういう意味にしかとれなかった。
衝撃はとんでもないものでした。。。

チャックローブさんは、ジャズギタリスト、とりわけ「スムースジャズ」と呼ばれる音楽の世界では知らない人はいない有名人。
そして、私の大好きなfourplayの3代目ギタリストでした。

彼の参加に関しては、賛否両論がありました。昔からのファンの方は「リトナーの頃が一番よかった、それ以来聞いていない」とおっしゃいます。
確かに曲のムードというか、スムースな感じの心地よさはリトナーの頃が良かったかもしれません。
25年も前の話だけど(笑)

でも私はチャックさんになってからのfourplayが一番好きでした。
fourplayというのは、ジャズ業界の大御所たちがあるイベントのためにユニットを組んで演奏したいわゆる「夢の競演」がきっかけで、おもしろかったから定期的にやっていこうか、というノリで始まった「ユニット」でした。
普段は皆さんばらばらに活動されていて、時々fourplay。
ライブという意味では、すごい人たちが一緒にやっているので、なんとなくお互いに譲り合っているような感じだったなぁと思います。
ネイザン・イーストとボブ・ジェームスはいつも向かい合って2人で楽しそうだったけど、ギターはいつも個人プレーみたいだった。

それがチャックローブの参加によって激変したと私は思っています。
もともととっても人を楽しませることが好きで、fourplayの大ファンでもあったチャックさんは、fourplayを「ユニット」から「バンド」に変えました。と私は思います。

本当の意味で4人が横一列になったというか。
とっても結束が強くなり、お互いを理解し合い、4人で作り上げていく雰囲気になったように感じました。
本当に仲良しで、いい空気感だったんです。
チャックさんの作る曲は全員でユニゾンする曲が多いのですが、いつもギターとベースが向かい合ったり寄り添ったりして笑顔でユニゾンしていました。
思い出すのは1列目かぶりつきで見た最初で最後のライブでしたが、そのときもお客さんが喜ぶようにちょっと遊んだプレイをしてみたり、手拍子を要求したり、最後は「みんな立って!」とお客さんを煽ったり。。。すべてチャックさんが盛り上げていました。メンバーもずっと笑顔だった。

だから、チャックさんのいるfourplayが好きで、チャックさんに会いたくてライブに行き、チャックさんがいるfourplayだからカバーバンドがやりたいと思い、大阪でfourplayをもっとたくさんの人に聞いてもらいたいと思ったのです。

昨年から体調不良で日本に来られないということが続き、私もチケットを取っていたけどキャンセルしました。
海外のアーティストってどんな病気で休むか、公表しないんですよね。
少し体調が戻ったときはアメリカ国内でライブをされていたようですが、もうやせ細ってしわしわでおじいちゃんみたいでした。
実年齢は62~3なのですが。

そして突然の訃報。

いつかそんなニュースが聞こえてくるのはどこかで予感していたはずなのに。
だってアメリカ国内でもライブに体調不良で参加できないという告知が多すぎた。

なのにいざ訃報を目にすると、そんなはずない!!って信じられませんでした。
そんなに悪かったんだ。。。
体が震えました。
そして亡くなった今も私たちファンには原因はわからない。

早すぎるよ・・・チャックさん・・・もう1度会いたかった。

この1週間何もする気が起こらず、CDを聴いては泣けてくるし、動画も辛くて見れないし、というかバンドを続ける意味もよくわからなくなり、そんなときにジャズイベントから出演決定のメールは来るし・・・
これからどうすればいいのか、本当に迷っていました。
今もバンドでやっている私の大好きな曲はほとんどチャックさんが作曲したものですし、もう辛すぎて、本気でバンド辞めようかと考えました。

でもある人が私に「だからこそ、いっぱい演奏して、忘れないように、それとこんなすごいのがあったんやでって伝えていくのが大事なんじゃないの?」と言ってくれました。

そうか。
私にできるチャックさんへの追悼と尊敬の形と恩返しは、チャックさんの曲を演奏し続けることなのか。
なんか少し目の前が明るくなりました。

8月4日にはfourplayのメンバーがチャックさんの追悼のライブをしたそうです。
情報何も上がってこないけど、きっとメンバーみんなものすごく辛いと思います。
特にネイザン・イーストは同い年で誕生日も1日違いで、本当にチャックさんと仲良しだったので・・・

動物が大好きで、いっぱいペットを飼っていた(しかもみんな美形)チャックさん。
ツイッターで「HAPPY BIRTHDAY」って送ったら、リツイートしてくれたチャックさん。
家族を大事にしていたチャックさん。
デビューした娘さんをとっても応援していたチャックさん。
ちょっぴり政治に怒っていたチャックさん。
とっても優しい曲を作るチャックさん。
身体全体で音を表現する、真っ赤な顔で白熱したソロを演奏するチャックさん。
どんな貴方も大好きです。

どうか安らかにお眠りください。
先に行かれたモーリス・ホワイトやアル・ジャロウと天国で一緒にライブしてください。
悲しいけど、寂しいけど、貴方の曲をずっと演奏していきたいと思います。
握手してもらったときの貴方の手の大きさ、温かさ、決して忘れません。ありがとう。

でも、できれば私の夢の中に出てきてください。

下の写真はアルバム「JAZZ FUNK SOUL」の裏表紙に載っていたものです。
2014年。とってもふくよか。このときは近い将来こんなことになるなんて想像もしてなかったんだろうな。

securedownload.jpg

☆お知らせ☆
堺市西区のクローバーピアノ教室です。生徒さんは18歳以上のみ。だからお仕事やお家の事情も考慮してレッスンの融通が利きやすい☆性別も経験もまったく問いません。 クラシックだけじゃなくてもピアノで楽しむことはいくらでもできます。 J-POPや懐かしい歌謡曲、外国のポップスやジャズも。コード演奏も勉強すれば自分で曲をアレンジしたりジャズを弾いたり弾き語りをしたり・・・楽しみは広がりますよ♪ 人生一度きり☆ぜひ一度ご連絡ください!
演奏会のご案内♪
6月25日(日)発表会♪クローバーピアノサロンvol.8
プロフィール

クローバーピアノ教室

Author:クローバーピアノ教室
堺市西区北条町

1男1女の母親です。
カワイ音楽教育研究会会員。

大学の心理学専攻卒業。数社の企業に勤務の後、2度の出産を経て教室開講にいたりました。まもなく9周年!

「(他教室との)差別化」「顧客満足」の精神で日々レッスンしています♪

レッスンしたり、楽譜作って販売したり、バンドでライブやったりしています。
今は夕方学習塾を開いています。

新規生徒さんの募集は今は期間限定で行います。気まぐれです。
弾きたい曲のジャンルは問いません(なるべく)。
募集時期でなくてもご連絡いただければ時間が合えば検討します。お気軽にメールでお問い合わせくださいね♪

趣味:ジグソーパズル。ゲーム(落ちもの、ドラクエ、グラツリ、みんゴルが大好き)。スポーツ観戦。お笑いを厳しい目で見る。手芸。花いじり。DIY。ママチャリでどこまでも走る。

好きな場所:スペイン、香港、キッチン、楽器やさん、本屋さん、CD屋さん、外国のスーパー。山、川、公園。

好きなもの:お寿司、ケーキ(チーズケーキと抹茶を除く)、おにぎりとお味噌汁、煮物、チョコレート。前向きでパワーのあふれる人。ライブ、ミュージカル。

嫌いなもの:爬虫類、両生類、蜘蛛、牛肉、チーズ、抹茶、つぶあん、ジェットコースター、高い所。片付けること。アイロンかけ。しつこい人と後ろ向きな人。

好きな音楽:スムースジャズ、ジャズ、フュージョン、R&B、ゴスペル、80年代J-pop、80’s洋楽。

好きなミュージシャン:FOURPLAY、小曽根真、Brian Culbertson、TAKE6、EW&F、Whitney Houston、TOTO、REBECCA、久保田利伸、杉山清貴、CKB

最新記事
FC2掲示板
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター